ふるさと納税を行う事で得られるメリットに関して

ふるさと納税で減税となる人

ふるさと納税は、所得税など徴収される方が寄付を自治体に行う事でその納めた税金を戻してもらう流れとなります。寄付をしたお金から2,000円は差し引かれますが、例えば1万円から2千円差し引いて8千円の部分に関しては税金が戻って来る計算となり更に自治体に寄付をする事で、お礼として特産品が贈呈される事となれば、2,000円以上の価値の商品をもらう事でお得な寄付が成立してお互いが潤う事となります。ふるさと納税の活性化にもつながるでしょう。

ふるさと納税が効果の無い人

ふるさと納税をしても全く効果の無い人も中には存在していて、扶養家族が多く居たり住宅ローン控除でお金がかなり戻っているなどで納税をしても単に寄付をしただけに留まってしまう恐れもあります。まずはふるさと納税が効果を発揮する事では、住民税や所得税を納税している方々がメインであり、それこそ控除を受けている状況よりも有利な形で納税を行っていく事からも色々と有利な条件でふるさと納税を行う事となり、特産品をもらいながら還付も受けれる様ですよ。

ふるさと納税によって得られるメリット

ふるさと納税によって得られるメリットは、その寄付を行った人も寄付を受けた自治体もメリットがあり、所得税や住民税の還付と特産品をもらえる事が個人的な寄付をした人のメリットとなり、自治体も寄付を受けた金額でそれを自治体の運営費として考えて行く事が出来る様ですよ。そこでふるさと納税を活性化させる為にも、還付の枠を広げたりする動きが今年から行われた事となり、ふるさと納税のメリットが更に倍増している状況となります。

ふるさと納税は、寄付を通じて地域の人を応援します。お礼に地域の特産品がもらえます。生産者も喜びます。